3匹のすずめ(ブログ)

64

桜シンポジュームで留守してから既に梅雨の季節ですね!

寝苦しい昨今ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。
これからの季節に必須アイテムの扇子が京都から出来上がってきましたのでご覧ください。

父の日に合わせてケーキを作ってみました。

 

 

今回はお菓子の本を見て面白そうだと思った『パイロールケーキ』に挑戦☆彡

 

中身は洋酒漬けしたドライフルーツを混ぜた生クリームと、バタークリームにしました。

 

バタークリーム初めて作ったけど、温度調節とか裏ごしとか、工程が地味に面倒くさッ!!

けれど、完成直後の味が超美味しかったので、きっとまた作るでしょう(笑)

惜しむらくは、高いバターを大量に使う気になれず、レシピの半量で作ったので、

ご覧のとおり生地との間の空洞がハンパない///;;

次は贅沢に使おぅ…(^ω^);

 

あと、久々のケーキ作りだったので丁寧さを心がけて作ったら、なんてこった丁寧すぎて生地がつぶれたwww

正確に言えば、しっとりさせすぎて時間と共に生地がしぼんでいったということでしょうか(´∀`);

もう少し雑に作ることを意識する、不思議な反省でした(笑)

 

新しいトロヤン陶器のコーヒーカップと一緒に、手掴みで美味しく頂きました♪

 

 

                                             byさぁチュン



4月20日~25日 日本橋三越新館7階において開催された東日本伝統工芸展が終了しました。
人間国宝の方の作品と同じ会場に展示される緊張感に身の引き締まる思いでした。
今回2年振り(4回目)の入選に遠方から友人、知人がたくさんお祝いに来ていただきました。折角お越し頂きながら、お目にかかれなかった方には本当に申し訳ありませんでした。
でも久しぶりに楽しいひと時を過ごすことができ、この楽しい時間のために又頑張って入選できるような作品を創りたいと新たに思いました。

まだまだ思い通りの作品には至りませんが、今回の入選を次回のステップにしていくつもりでおります。

これからも宜しくお願い致します。


新作しゃれトートが奥のパーテーションに飾ってあります



さくらシンポジュームに大勢の皆様にお越し頂き誠にありがとうございました。
お陰様で大盛況で昼食抜きの目の回る忙しさでした。

今年は1階エキシビションホールで知人の書道展が開催され、私の染めた墨流し染めと書のコラボした作品が展示されました。

彼女とは3年前始めてこの会場で知り合い、それがご縁で今回のコラボ作品が誕生しました。
大変な苦労と努力の結果、数ある大作のある中、ひときわ引き付けられるものを感じました。

今回もまた新しい出会いを頂き皆様に感謝しています。ありがとうございました。
今日は94歳で永眠した母の3回忌の法要を、家族や親類の皆で偲びました。
静岡から来た姉夫妻を見送り、ふとポストを覗くと1通の封書が。
(社団法人)日本工芸会東日本支部からで、先日搬入した訪問着の入選を知らせる内容でした。
今回4度目の入選で、前回は丁度母が亡くなった後にこの知らせが届き、母の棺にDMを入れて報告したものです。

40年以上友禅に携わり、苦行のようなこの世界から逃げ出したいと思ったことが幾度あることか。着物業界の低迷も依然として続き、永い間真っ暗なトンネルを抜けられずにいましたが、最近やっと少し光が差し込んできた気がします。

普段から着物を着るのが当たり前だった、大正生まれの母。
生前使っていた桐箪笥からは、きちんと畳まれた羽織や小紋、黒留、喪服などが―。
母の性格が滲むようでした。それら1枚1枚に、その時の母の想いが込められているのを感じました。
私の子供時代、父兄参観日には仕事着から着替えた母の着物姿を見ることができました。そんな母を少し誇らしく、嬉しく思ったのを覚えています。
戦後10年足らずでは、長女の七五三に着物を着せることもとても大変だったと聞きました。それでも工面して揃えてもらった晴れがましい振袖を着た姉は、少し緊張気味の表情で今も白黒写真の中に収められています。
一兄三姉妹の我が家では、その後も母の苦労は並大抵のものではなかったろうと、今では手に取るように解ります。

こんなこともありました。
母がやっとの思いで買ってくれた、七五三の振袖。私は嬉しさのあまりお正月に着せてもらい、その袖の一部を知り合いの家の炬燵で焦がしてしまいました。とても苦い思い出で、きっとさんざ怒られたに違いありませんが、今そんな記憶は全く残っていないのです。母は大きな声で叱りつけることのない人でした。

書き進めるうちに、東日本展に入選した嬉しい気持ちよりも、何事にもゆったりと微笑みながら子供の成長をそっと見つめる、両親の慈愛に満ちた姿に想いを馳せる自分自身を感じます。
母の小さな遺影の前へ東日本展の葉書を添え、そっと手を合わせました。
今夜は満を持して!元ちとせのワンマンライブに行ってきました~(*^v^*)


最近は多くのアーティストが登場する形式のライブばかりに参加しているイメージだったので、久々の1人だけで歌うという情報に、eチケットで案内が回ってきた瞬間、「Wow!!」とめちゃくちゃ気合い入れてチケット取りました★

浜離宮朝日ホールはこじんまりとした会場でとても雰囲気が良かったです。
しかも私が抽選でゲットした座席は前から8列目。足も伸ばせる最高の場所でした♥
我ながら、ここ数年マジでクジ運良すぎてちょっと怖い(笑)


人生で1度は聴きたいと思っていた元さんは、正直かなりのスロースターターで大分冷や冷やしましたが、ハマると流石の歌姫でした。
特にNewアルバムの中から歌ってくれたものは、抜群に素敵だった!!
存分に“首まで元まみれ”になることができました~っ(^Ⅲ^)♬
※行った人でないと解らないネタ♡

あともう1つ抜群に良かったのは選曲!なにそのチョイス!褒め称える!!←偉そう;
今まで色々ライブって行ったけど、ここまで完璧に近い選曲の流れはなかったのでは……?!
心から感動でした(//∇//)
あと「春のかたみ」と「六花譚」が入ったら、個人的ベストアルバムに近かった(笑)

とても気持ちが洗われるコンサートでした…❀


ただしこの朝日ホール、音響設備としては「う゛ぅ゛~~~~~ん゛??」でした;
でもチケット代は近年の相場を考えれば結構お手軽で……何事も完璧にはいかないものですね(^^;

なにわともあれ万々歳っっ\(^▽^)/
新作発表会が1月23日、24日、タワーホール船堀において沢山の来場者で賑わいました。
今年は、11人の工芸者から81点の新作が発表されました。

24日は多田区長さんもお越し頂き1時間以上もゆっくりと会場を観覧下さいました。

私の学生さんは4人で作品数は7点でした。

今年は友禅の作品が無くて少し物足りなさも感じましたが、身近なアイテム、「簪、犬の首輪、ワイシャツ、携帯電話ケース、帯揚げ、バッグ、照明」などです。

最終日には、81点の中から、江戸川賞1点、教員賞3点の発表がありました。
な!なんとその狭き門の教員賞に我がチームのリーダー作品「私(マイ)フォンケース」が受賞しました。

この作品はマーブル模様の生地をケースカバーに仕立てたものですが、パッケージ、リーフレットの3点セットの完成度を評価して頂いたとお思っております。

販売商品は2月3,4,5日に東京ビッグサイトにてギフトショーに出店します。

今後の販売が楽しみです。

今年の産学公PJで染色に参加した学生は4人で、7点の新作が誕生しました。

私は手描き友禅、墨流し染め、草木染め(小松菜染め)という染色技術をもって作品制作をしておりますので、そのいずれの染色技術の提案が出てもよかったのですが、4人とも墨流し染めを選択しました。

始めのミーティングで、商品化を前提にデザインすることをお願いしたので、出来上がった作品はすぐに販売可能なものが出来上がりました。

特に教員賞を受賞した「私Phone」は、パッケージ、リーフレットの3点がその対象になったと思います。私だけの=墨流し染めとがぴったりマッチした商品になりました。

他にも作品名「一期一会」の簪、スイーツのマカロンから発想したmacaronバッグ、作品名「ふわり」の照明、など外注加工の協力なくして完成することはありませんでした。

改めて、ご協力頂いた各職人の皆様にお礼申し上げます。

参加してくれた4人の学生には、是非この経験を今後に活かし、より一層の飛躍をしてくれることを期待しています。
お久しぶりです、さぁチュンです。
今年は年初めから良い事ありました~♥
なんと、私が昔から大好きだったワヤン・クリのお芝居が、地元近くの図書館で演るとの情報がっ!

まじかーー!!と驚きつつ、迷うことなくちびっ子達に交じって観てきましたよ♪


さて、皆さまはそもそもワヤン・クリというものをご存知でしょうか?
ワヤン・クリ(Wayang Kulit)とは、インドネシアのジャワ島やバリ島で行われる、人形を用いた伝統的な影絵芝居、またそれに使われる操り人形のことです。(byウィキペディア)

これは影絵芝居でありながら、なんと360度から鑑賞することがフツー、という面白いもので、人形もカラーでとっても煌びやかなものです。
BGMもガムラン音楽という独特のもので、聴いているとトランス状態になることうけ合いwww本来は夜通し上演したりする、色々な意味でとっても興味深い無形文化遺産です。

まぁこういった聞きかじりの知識はどーでもよく、ともかくわざわざバイクをとばして見に行ったかいがありましたっ(#^▽^#)♥本当に素晴らしかった!感動した!!

人形一座ホケキョ……おっかけになりそうです///
昨年から関わってきた産学公pJの発表会がいよいよ来週に迫りました。
久しぶりの参加で多少の戸惑いもありましたが、学生達の協力のおかげで、新作が生まれました。ご近所の皆様には、是非会場(タワーホール船堀)に足を運んで頂けたら幸いです。24日は会場に居ります。

私のオンラインショップも新作を掲載しましたのでご覧ください。中には、タワーホール船堀に出品する商品がありますので、お手に取ってみていただけます。
今年は暖冬で、佳い新年ですね!
暮れに町を歩くと、家々の玄関にお飾りがしつらえてあり、各家ごとに新年を迎える準備をしているのがどことなく嬉しく感じました。

30日には恒例のお餅つき(もちっこ)をして、のし餅とお供えを作りました。
31日は蠟梅と千両で花を活け、午後おせちを作りました。
今年は夫や娘が家の掃除をしてくれたので料理時間が取れ、なんと11品も作ってしまいました(*^^*)

こんなに作る気になったのは、12月29日にNHKで放送した、平野レミさんの『おせち家族に福きたる』のおかげ♡
レミさんの主婦感覚満載の手際の良さに、俄然やる気が起きました(笑)
そうして、初めてローストビーフを作り、タコのコーラ煮を作り…。
コーラ煮の方は96歳の姑が噛めるほど柔らかで、「本当に久しぶりにタコを食べた」と喜ばれました。
正直、コーラの味が染みるのでは…?と心配していたのですが、まるでしないものなんですね!
あと、のし鶏。これも美味しいと好評でした。意外に簡単なので、来年も作ろうと思います♪


さて、自慢話はこのくらいで(^^;
今年も皆様に興味を感じて頂ける作品作りをして参ります。
お暇な折りには『染色工房くさなぎ』を覗いてみて下さいませ。


~おまけ~

たまごと見せかけてぇ~のぉ~?

水よーうかーん!!(>∀<)!!

                                           by けぇチュン
桃と紅茶の切り株ケーキ☆

チラッと覗く好々爺風サンタがお気に入りです✿

上品すぎてチョイと紅茶の風味が足りませんでしたが、まぁよかよか(*^^*;



こちらは知人から頂いた雪だるま陶器の中に、温めた生地の切れ端を入れて冷たいバケツアイスを被せたもの♡

イチゴアイスを買えば簡単だとも思ったのですが、欲しい色にまで届かなそうなので(しょーもないこだわり)バニラアイスに食紅を混ぜました(^w^)

冷たさと温かさのマッチングが最高だね☆

                                          by さぁチュン
先日の朝日新聞に私の染めたハンカチーフが掲載されるお話をしましたが、記者の方から、新聞を送って頂き拝見しました。(すみません、我が家は生憎他紙を購読)

カラー版でしかも全国版とのこと!びっくり致しました。
早速、夕刊をご覧になったお客様から嬉しい注文があり、今日はその発送準備に追われていました。

さすが朝日新聞!!!
月曜日が応募締切ですので、皆さま宝くじ並み?の当選確率にぜひチャレンジして下さい。((*^。^*)

詳細はこちらから →http://www.asahi.com/jsg/kawaii/
朝日新聞読者プレゼントの掲載日が8日の夕刊に決まりました。

もし、ご希望の方は、どしどし応募して下さいね。

※気をつけないと見過ごしてしまうかも!(^○^)
今年の産学公PJもいよいよ大詰め!

今年の春から半年以上かけて、学生のアイデアやデザインを製品化した作品の写真撮影会が、タワーホール船堀で行われました。

先月の試作発表日(11月8日)に間に合わなかった作品は、今日初めてご対面ということもあり、少し不安を感じていましたが、思いの外良い出来にホッとしました。

巧みな会話術のカメラマンさんのおかげで、現場は和やかな雰囲気でテンポよく進みました。

来年、新作発表会でどんな作品と出会えるか、皆様どうぞお楽しみに!
今日(11月23日)午後朝日新聞の記者さんが取材に見えました。
読者(10名様)プレゼントに私のマーブルハンカチーフを掲載して下さるということです。
12月の夕刊に掲載だそうです。お楽しみに!


秋の催事は今回が初めて。エントランスに数十人の江戸川区の工芸者が勢ぞろい!
私は、お財布やポーチ等この催事のために用意した小物を並べて、いつもながら、おもちゃ箱をひっくり返したような、賑やかな雰囲気でした。
中日の14日は雨でお客様の来場が、少なく暇を持て余していましたが、15日は天気になり、タワーホール船堀での催事にいらっしゃるお客様で、大変賑わいました。
船堀駅前というアクセスの良さから、近隣以外のお客様も沢山いらしていただきました。
ブログをすっかり怠けている間にさぁチュンに占領されていたようです。

11月3日の名主屋敷の体験染めはお天気に恵まれ盛況に終わりました。


締め切ってから来ていただいた方ごめんなさい。来年チャレンジして下さいね。
今年で4回目になりますが、嬉しいことにリピーターの女の子達が早くから待っていてくれました。
墨流し染めは、子供にも簡単に出来るので、家族連れで楽しんで頂けたと思います。
来年も天気に恵まれて、楽しい墨流し染めが出来ます様に!
「18:30と早いスタートなので、皆さん色々嘘八百並べて駆けつけてくれたんですよね、ありがと~」
という挨拶から始まりました、中島みゆきのコンサート「一会」(^w^)


一生に一度は生の声を聴いてみたい!と思っていたので、めっちゃテンション上がった!!
広いホールということもあり、オペラグラスを持参して大正解!すてきな衣装がたくさん見られました♡
何回衣装チェンジしたんだろ(?_?;曲の間奏にも舞台上で着替えるのでびっくりでした。
びっくりと言えば、非の打ちどころのないプロポーションにもびっくり!!何あれッ?!どの角度から見ても完っっ璧だったんですけどっ(@□@)?!;;


彼女の書く歌詞は、変にこねくり回していないのが良いですよね♡
しかも歌う前に結構曲が生まれたいきさつについて語ってくれたので、より心にストンと落ちてきたというか(#^_^#)むしろそこまで素直に歌詞にしちゃうんだなとか(苦笑)

普段なら、「前置きはいいから歌え!」と思うタイプなんだけど、あのトークは面白かった*

さて、印象に残った歌の中から、「ライカM4」という曲をご紹介。
第一印象は、「これ、みんなの歌で紹介したら面白いんじゃないかなぁ」でした。
なぜだかそう思った。初めて聴いたんだけど、脳内を目まぐるしく絵が浮かんで動いていきました(゜ω゜)ちびっ子もノレそうなメロディーだったし、ああいう“本物”をもっとたくさん取り入れたら、更に面白くなると思う。

あと、マッサンの主題歌でお馴染みの「麦の歌」も歌ってくれ、「~きゃああああ~~っっO(≧▽≦)O!!」ってなった。
依頼を受けた時、「私でいいんですか?!;;」「大丈夫です。内容も酒の話ですから☆」なんてやりとりがあったという裏話に笑い///
朝ごはん食べながら聴こえてきても気持ちが落ちないように、爽やか爽やかと言い聞かせながら作った結果がアレらしいですよ(^Ⅲ^;
「もうあの曲で、私の中の朝要素は全て出し尽くしました」とのことなので、しっかり噛み締めて聴こう(笑)

休憩後にいきなり始まった企画、オールナイトニッポンならぬ一夜限りニッポンも、演出が凝っていて楽しかった♡そしてここでも、抜群のプロポーションに釘付け(♥~♥)

やっぱり生はイイね!お金とか時間とか惜しんじゃいけないッ(=´▽`=)

                                             さぁチュン


7日8日と、「声優口演スペシャル」というイベントに行ってきました!
サイレントムービーも声優さんも大好物なさぁチュン♡こんなイベントがあるとはこれまで露知らず、まったく勿体ないことをしてきたッ(>へ<;!

キャストは錚々たる顔ぶれでした。

【7日】
羽佐間道夫・野沢雅子・井上和彦・浪川大輔・山寺宏一・小山力也・井上喜久子・三木眞一郎
【8日】
羽佐間道夫・野沢雅子・若本規夫・堀内賢雄・ゆかな・森田成一・小西克幸・野島健児

解る人には解る。全員主役がはれる豪華キャスト。
これでどちちか選べと?!無理だぁあっ(@言@)おまえは何のために週5で働いてお金稼いでるんだ?!人生楽しむためじゃないのか!!そうだ!!!

―と、真夜中テンションが働いた結果、両日取りました♡ (´>ω∂`)てへ☆


まず初日。
いや、めっちゃ面白かったよ。もっとまじめにやるんだと思ってたよ。※褒めてます
いつもドーンと構えてるイメージの三木さんの中堅感!そりゃ羽佐間さんに出てこられちゃ徒名がストローにもなりますよねっ(笑)あと浪川さんがいかに重鎮の皆様に愛されているのかが分かりました。

まさかまさかの生ニァンコ先生、時代を超えたエイドリアン、美味しんぼの新刊を読む頭取、スタートレックから降りてきた人、結果にコミットしちゃうロイドさん、定番のおっはー☀などなど盛り沢山でしたが、やっぱ1番は「クリリンのことかぁあああああッッ!!」でしょう。会場中ギャアアア!!!ってなった。

はちゃめちゃすぎて汗かいた1日目でした。


で、2日目です。
若本さんです!本物です!!だぁあどうしようめっっっちゃかっこいい!挨拶しただけで会場がどよめいた。ゆかなさんともけっこう打ち解けているようでほっこりしてしまった。

フリートークでの「今までで1番難しかった役は?」という質問で、まさかのアナゴさん回答とか最強でした。25年目くらいからやっと掴めたって……長寿番組で良かったですね…;;サラリーマン社会を縫うように生き抜いていく男を表現するためには、自分も息を抜いて喋ることが大事なんだと気付いたとか、爆笑しました。

まさかまさかの生ブラットピット、離婚歴を語るキートン、銀英伝の新刊を読む頭取、主役を喰うナレーション、倍返ししちゃうロイドさん、止まないドンタコ~~ス★などなど盛り沢山でしたが、やっぱ1番は「クリリンのことかぁあああああッッ!!」でしょう。会場中ギャアアア!!!ってなった。

あれ?ループ??うん、2日に渡って聴けた。ビビった。

これだけキャストが変わると同じ作品でも全く色合いが異なって、本当に面白かったです。是非是非次回も参加したい!人生に楽しみが増えました♡

しかし吉田アナウンサー、こんなところにまで顔を出していたとは。さっすがー;もうこういった部門は彼が1人で狩っているのでは…(^^;
ニュースを読まないといじり倒されている姿に笑いました。いや、今更そんなんやられたらドッキリかと思うよ;